So-net無料ブログ作成

8.2 東アジア杯 日本1-2北朝鮮 武漢 [サッカー]

前半3分に先制しながら徐々に流れが相手に傾くと、後半21分から長身FWのパク・ヒョンイルを投入してきた北朝鮮の術中にまんまとハマった。後半33分、北朝鮮は自陣からのFKをDFシム・ヒョンジンが前線に放り込む。

これをパク・ヒョンイルが頭で落とし、FWリ・ヒョクチョルが右足ボレーで蹴り込んだ。同43分には左クロスからパク・ヒョンイルがヘディングシュート。

7月30日に中国・武漢入りし、練習期間は2日。メンバー発表会見の席で「大会までに1週間ほどトレーニングする時間が欲しかった」と漏らした指揮官は「試合前には言い訳をする。しかし、試合のあとにそういう言い訳はしない」と話していたが、この日もやはり日程面に言及した。

Jリーグも含めた日程面の影響で強行軍を強いられ、満足いく準備ができなかったのは確かだ。6月16日のW杯アジア2次予選・シンガポール戦に続いて公式戦2試合連続でアジア勢に勝てなかった現実は重い。



「ガッカリしている」初黒星のハリル監督、次戦はメンバー変更を明言
http://news.livedoor.com/article/detail/10422653/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。