So-net無料ブログ作成

堀北真希と山本耕史が電撃結婚 [芸能人の結婚]

女優堀北真希(26)が、俳優山本耕史(38)と22日、都内の区役所に婚姻届を提出した。所属事務所が明かした。

 2人は今年5月、舞台「嵐が丘」で共演。公演後の6月から交際をスタートしたばかりで、わずか2カ月での「超スピード電撃婚」となった。

 関係者によると、堀北は妊娠しておらず、今後も仕事を続けるという。8月上旬から都内で同居生活を始めている。

おめでとう!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

中田有紀 女性白バイ隊員の制服姿で登場! [女子アナ]

フリーアナウンサー、中田有紀(なかだ・あき、42)が「バイクの日」の8月19日、東京都内で行われた二輪車交通事故防止キャンペーン「スマイル・オン2015」にゲスト出演した。

バイク歴14年の中田は女性白バイ隊員の制服姿で登場した。

かっこいい!!

1300ccの白バイに初めてまたがり、「私の250ccの愛車より何倍も大きい。女性が乗りこなしているなんてすごい」と大興奮。魅力について「走っているとイヤなことを忘れられる。男は裏切るけど、バイクは裏切らないので良きパートナー。乗せる人? 女友達ですね」と笑わせた。


『Oha!4 NEWS LIVE』 楽しみです。

また、ミニスカ姿、みたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

清宮幸太郎、甲子園初アーチ 大爆発3安打5打点 [高校野球]

夏の甲子園は15日、3回戦を行い、早実(西東京)が東海大甲府(山梨)に8-4で快勝した。

注目の1年生スラッガー、清宮幸太郎内野手は「3番・一塁」で先発し、甲子園初本塁打となる右越え2ランを放ったあと、満塁走者一掃の3点二塁打など2二塁打を放った。


タグ:清宮幸太郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

錦織圭 8度目対決でナダル超え! ベスト4進出 [テニス]

 ◇ロジャーズ杯男子シングルス準々決勝(2015年8月13日 カナダ・モントリオール)

 テニスのロジャーズ杯男子シングルス準々決勝が14日(日本時間15日)、カナダ・モントリオールで行われた。

世界ランキング4位の第4シード・錦織圭(25=日清食品)は世界9位で第7シードのラファエル・ナダル(29=スペイン)に6―2、6―4で勝利した。

過去7戦全敗の強敵を8度目の対戦で下し、大会自身初のベスト4に進出した。


錦織、おめでとう。 次の試合も頑張って!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

清宮 先制タイムリー 早実、大接戦制す [高校野球]


夏の甲子園は13日、2回戦を行い、早実(西東京)が広島新庄を7-6で下して3回戦に進出した。

注目の1年生スラッガー、清宮幸太郎内野手は「3番・一塁」で出場し、先制の右前適時打と、反撃ののろしとなる左前打を放って4打数2安打、1死球だった。

 清宮は3回に広島新庄の左腕、堀(2年)から技ありの一打をみせた。0-0の1死一、三塁から、外角低めのスライダーを泳ぎながらバットの先で拾い、右前へ先制打を放った。

 1打席目にスライダーで空振り三振に倒れていたが、2打席目は対応した。パワーだけでなく、巧みなバットコントロールも卓越している。

 さらに4回に5点を奪われて逆転されたあとの5回には、相手2番手右腕、関藤から左前打。早実は集中打で2点を挙げて同点に追いついた。6回は死球、8回は痛烈な当たりの投直だった。

 試合は打ち合いの大接戦となったが、早実が6-6の9回に渡辺の適時右前打で勝ち越した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ 澤穂希が入籍 [サッカー]

サッカー女子日本代表の象徴的存在であるINAC神戸のMF澤穂希が30代の一般男性と入籍していた。

報道各社に「突然ではありますが…。このたび、私、澤穂希は2015年8月8日に30代の一般男性と入籍した事をご報告させていただきます」と直筆のメッセージを発表した。

一般男性ということを鑑み、氏名や顔写真は公表せず。
「これからもお互いを思いやり、支え合いながら二人で明るい家庭を築いていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします」と決意を語った。


澤さん、おめでとう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

錦織、チリッチ破り決勝進出! [テニス]

◆テニス シティ・オープン第4日(8日・米ワシントン)

 男子シングルス準決勝で世界ランキング5位の第2シード、錦織圭(25)=日清食品=は世界8位の第3シード、マリン・チリッチ(26)=クロアチア=に3―6、6―1、6―4で勝ち、この大会初の決勝進出を決めた。

 9日(日本時間10日)に行われる決勝では、ツアー今季3勝目、通算10勝目に挑む。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ、横山の決勝弾で念願の初白星…最終戦制し3位で大会終える [サッカー]

EAFF女子東アジアカップ2015の最終戦が8日に行われ、なでしこジャパンと中国女子代表が対戦した。

若手主体で東アジアカップに臨んだなでしこ。対戦相手は2連敗の開催国・中国。 
なでしこは、GK山下杏也加、DF中島依美、DF村松智子、DF高良亮子、DF田中明日菜、MF川村優理、MF京川舞、MF杉田亜未、FW高瀬愛実、FW田中美南、FW有町紗央里が先発に名を連ねた。


試合はなでしこが26分にチャンスを迎える。ペナルティエリア手前中央でFKを獲得すると、杉田が右足で直接狙うが、シュートは相手GKに左手1本で弾かれ右ポストに当たり、惜しくもゴールとはならなかった。

中国は39分、エリア手前のパス交換から、オウ・サンサンがエリア内中央でシュートを放つ。ミートせず、シュートは山下が正面でキャッチした。 なでしこは44分、田中美南がエリア内左を突破し鋭い折り返しを入れる。

 なでしこは、高瀬に代えて菅澤優衣香を投入し後半を迎えた。

上がりはなでしこが主導権を握る。中島からのクロスにエリア内中央の杉田が頭で合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。58分には、京川がエリア手前右から強烈なシュートを放つが、相手GKにセーブされる。

なでしこは横山久美を投入する。京川がエリア内にスルーパス。反応した横山が抜け出して右足でシュートを放つが、相手GKに弾き返される。中島からのスルーパスに反応した横山がエリア内に抜け出し、落ち着いて右足シュートをゴール左に突き刺した。

なでしこが終盤に待望の先制点を獲得。

試合はなでしこが2-0で最終戦を制した。
勝利したなでしこは、勝ち点3を獲得し3位で東アジアカップを終えた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

桂歌丸が8日、『笑点』(9月13日放送分)の司会で仕事復帰 [TV番組]

落語家・桂歌丸が8日、都内で収録された日本テレビ系長寿番組『笑点』(9月13日放送分)の司会で仕事復帰を果たした。

収録後、報道陣から感想を求められた歌丸は「何十年ぶりかにアガりました。しゃべり出したら何ともないですが、本当にくたびれました」と緊張していたことを告白。

一部で、三遊亭円楽との『笑点』司会交代が報じられたが「何とか無事に終わったと思っています。まだ(司会は)譲りませんよ~」と一蹴した。

歌丸が不在の間、メンバーが交代で司会を務めたが、円楽は「とりあえずやっておこうと回していたが、心の中では早く戻ってきてと思っていた。休んでほしいけど、なるべく長く休まないでくれと思っていた」と胸中を吐露。

林家たい平は「歌丸師匠は見事にダメな答えも笑いに変えてくださる。本当に帰って来てくれてよかった」と喜んだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

8.2 東アジア杯 日本1-2北朝鮮 武漢 [サッカー]

前半3分に先制しながら徐々に流れが相手に傾くと、後半21分から長身FWのパク・ヒョンイルを投入してきた北朝鮮の術中にまんまとハマった。後半33分、北朝鮮は自陣からのFKをDFシム・ヒョンジンが前線に放り込む。

これをパク・ヒョンイルが頭で落とし、FWリ・ヒョクチョルが右足ボレーで蹴り込んだ。同43分には左クロスからパク・ヒョンイルがヘディングシュート。

7月30日に中国・武漢入りし、練習期間は2日。メンバー発表会見の席で「大会までに1週間ほどトレーニングする時間が欲しかった」と漏らした指揮官は「試合前には言い訳をする。しかし、試合のあとにそういう言い訳はしない」と話していたが、この日もやはり日程面に言及した。

Jリーグも含めた日程面の影響で強行軍を強いられ、満足いく準備ができなかったのは確かだ。6月16日のW杯アジア2次予選・シンガポール戦に続いて公式戦2試合連続でアジア勢に勝てなかった現実は重い。



「ガッカリしている」初黒星のハリル監督、次戦はメンバー変更を明言
http://news.livedoor.com/article/detail/10422653/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。